紙ブグロはてな

新しいものについ飛びついてしまった後悔を綴ることになりそうな気がするけれどならないかもしれないブログ。

スティーブ・ウォズニアックのファーストネームについて

ウィキペディアのスティーブのファーストネームに疑義がある

ウォズのファーストネームはステファンなのか、それともそもそもスティーブンなのか、という論争は日本では昔からあった。ウィキペディアでは現状ステファンになっており、生まれた時はステファンとつけたが母親がスティーブンに変えたと記載されている。だが、このくだりに疑問がある。

f:id:hi_kmd:20180926140549j:plain
スティーブ・ウォズニアック - Wikipedia

ウィキペディアがステファンを採用しているのは、「アップルを創った怪物」(井口耕二 訳)に根拠を求めている。

f:id:hi_kmd:20180926140557j:plain
「スティーブ・ウォズニアック」の変更履歴 - Wikipedia

「アップルを創った怪物: もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝」の該当ページを見てみよう。

f:id:hi_kmd:20180926140601j:plain
アップルを創った怪物: もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝 - スティーブ・ウォズニアック - Google ブックス

これを読みの根拠とするのは、かなり危ういと思う。

原文の「iWoz」の同じ箇所を見てみると、ここはフルネームの発音については触れず、スペリングの話しかしていない。

f:id:hi_kmd:20180926140605j:plain
iWoz: Computer Geek to Cult Icon - Steve Wozniak - Google ブックス

英語版のウィキペディアでも、stephanとstephenの綴り/スペリングのことを言っているだけで、発音についての話題は見当たらない。

f:id:hi_kmd:20180926140609j:plain
Steve Wozniak - Wikipedia

参照元の書籍を読めば、母親が名前を変えたという記述も事実でないことがわかる。誰のどういう間違いかは不明だが、「Stephen」と名付けたつもりが、誤って「Stephan」で登録されてしまっている、という話でしかない。

そもそも、彼が自分の名前が「stéfən」系の発音で言った記録はないと思う。私の知る限り、ずっと「stíːvən」で通している。ほんとうに「stéfən」が本来の名前の発音で、「stíːvən」がその慣用読みでしかないのなら、名前のスペルの時に触れてもおかしくないはずだ。

スティーブンと名付けるつもりで「stephen」の綴りで登録したはずだったのが、スティーブンともステファンとも読まれる「stephan」として謝ってスペリングされた……という話をしていたものが、訳する際にわかりやすくするために「ステファン」と書いたものではないのか。

一般論としてのStephenについて。

ちなみにウィズダム英和辞典だと、このように、断り書きがない限り「Stephen」はスティーブンと読むのが普通。

f:id:hi_kmd:20180926140619j:plain

ランダムハウス英和大辞典でも、読み方の例示は一つ。

f:id:hi_kmd:20180926140615j:plain

特に断りのない場合、米国ではStephenはスティーブンと考えるのが通常であろう。

具体的に、訳者の井口さんに質問をしてみた。


すくなくとも、「アップルを創った怪物: もうひとりの創業者、ウォズニアック自伝」を、名前の読みの根拠として使用するのは不適切であることは明らかになったと思う。
というわけで、ウィキペディアのウォズの本名がステファンであるという記述は疑わしい。ところがウィキペディアには半端に権威があるので、ウィキペディアに書いてあるからと素直に信じる人が多い。ここから自動的に引用しているサイトも少なくない。いい加減な記述が半端な権威を伴って広がっていくことに、大きな不安と憤りを覚える。

横向きのギターコードダイアグラムが苦手という話

横向きのコードダイアグラムがちょっと苦手だ。
C7
こういうやつ。日本では一般的なタイプ、なんだけど、自分はどうにもこれが微妙に肌に合わない。読み取れるし、実際使うし、レイアウトの都合に合わせてこの向きのコードダイアグラム を描いたりもするけれど、なんというか……頭の中にあるコードの形と違うような印象があるのだ。

欧米だとしばしば縦向きのコードダイアグラムを見かける。

こっちの方が、自分のしょうには合っている。
実際には物理的に一番下にあるはずの1弦が、横向きのコードダイアグラムでは上にあるのが、なんというか、くすぐったいのである。縦向きのコードダイアグラムだと、その辺の違和感が少なくなる。
初めてギターを教わったときに、大学の先輩が対面で教えてくれたのも影響があると思う。ナットが左、1弦が下に見えているものをお手本として、自分はコードを覚えた。

だから個人的には、逆向きの方が自分の頭の中のコードのカタチと合っているように思う。

自分の頭の中にあるコードの形状のイメージは、こちらの方が近いような気がする。気がする。

なんなら鏡写しの方があっているかもしれない。

実際のところ、向きや方向はこの鏡写しのものが一番正確だと思う。演奏者の視点はネックの後ろ側から向こうを見ているわけで、ネックを透かして見るこの形の方が「現実に即している」と言えなくもない。

なんてことを言っては見たものの、逆向きや裏向きのコードダイアグラムを長く使っているわけではないので、実際にこれを使おうとすると、既存のものと混乱してわけがわからなくなってしまうであろうことは容易に予想がつく。おそらく、縦型のダイアグラムを愛好していくんだろうなあ。

ちなみにこの記事ではコードダイアグラムを全部SVGで手打ちしてみた。画像にするより圧倒的に消費データ量が少ない。でもちと面倒臭い。

ウクレレコードフォームの幾何学

知っている人にとっては、何を当たり前のことを……という内容なのかもしれないんですが。

こないだ、ウクレレのコードの整理をしてたんです。体系的に覚えたり、自分専用の歌本を作ったりするのに有用かなーと思って。
で、下記のような形でコードを図にしていくわけなんです。この事例だとBコードのメジャートライアドとマイナートライアドが、指板上の低い位置から順に並べてあるわけです。
f:id:hi_kmd:20180130193319p:plain
見ていて、あれ……前から思ってたけど、妙に似た形が多いよなあ……。

続きを読む

3面ダイス

あんまりうまくいかないのはわかっているのだけれど、紙を折って3面ダイスを作る方向でのデザインをつい考えてしまう。
f:id:hi_kmd:20171206111757j:plainf:id:hi_kmd:20171206111821j:plain
今回試作したのはこれ。
いわゆるD6の雰囲気を出せないか、というのが狙いで、1つ目が折り目のところに「ドミノ」デザインを配置してみたらどうか、というもの。もう一つが、上向きに見える方のダイスの目を読んでください、というもの。横に大きく数字が表示してあるので、ある意味大きなお世話じゃないか、という気もする。単に数字があるだけで充分なんだけれど、なんというか、雰囲気が欲しいのだ。
3つ目4つ目は折り目のところに刻みのように点をおけばわかり易かろう、という発想。

f:id:hi_kmd:20171206155757j:plain
展開図はこんな感じ。

試作して試投を繰り返してみて、しみじみ「偏るなあ」と思った。
最初はのり付けした場所の重さの影響かな、とも思ったけど、いじってみて紙の膨らみや凹みの方が如実に影響が出るのではないか、と思った。膨らんでいる面はなかなか底面にならない。

とまあ、わかってはいたのだけれど、手作りの紙サイコロは、面白いけど偏りやすい(し、歪みやすい)ので実際のゲームに使うには不向きということがよくわかった。三角柱の形状の棒を用意して、そのサイズに合わせた出力紙を貼り付ける、というやり方で多少精度が出るかなあと思う*1


が2回ずつ刻んである3面機能ダイスが欲しいんだけど、どこかで安く売っていたりしないかなあ。

*1:ただ、三角柱は実際のところあんまり転がらなくて、ちょっとつまらない。六角柱で作ったほうがいいかもしれない。それだと鉛筆を加工するのが手軽だろう

#ハーフギャモン のどうぶつギャモンを手軽に自作する

ハーフギャモンのどうぶつギャモン、ふと思い立ってまた作ってみた。
f:id:hi_kmd:20171130154239j:plain
ペンギンさんvsカモメさんの、うみどりギャモンだ。
駒は動かしやすいよう立体タイプにしてみたけれど、やはり紙だと軽くて油断してるとすぐズレちゃう。

PDFデータはこちらからダウンロードしてください。
今回は作り方の説明が付属していません。厚手の用紙に印刷して切り貼りしたら大体できます。簡単です。ただ、駒を最低でも16個作らないといけないので、そこはちょっと面倒臭いです。


ボードのデザインを空と海にしたので、最初はことりさんvsくじらさん、というTwitter落ちてるギャモンにしようかと考えたんだけど、くじらさんが8頭もいたらことりさんが太刀打ちできないのでやめにしました。

駒、小さなカード立てを利用して作るという手もあるなあ。今回は紙サイズの効率に合わせてみに三角ポップ的な形状にデザインしているけど、他にも駒の作り方は色々工夫のしようがあるような気がする。今度試してみよう。

#どうぶつしょうぎ とか #ハーフギャモン とか

コンパクトなゲームとかを見るのが好きだ。パズルとかも、小さい世界で奥深いようなものがとてもいいと思う。
それで、「囲碁パズル4路盤」とか「9マス将棋」とか、小さくて素敵だなあ……なんていろいろ調べていた。

これらはどちらかというと、対戦よりもパズルよりな構造で、二人プレイにはちょっと不向きだと思った。9マス将棋は一応、先手と後手に分かれて対戦してください、ってことになっているけど、開始図によっては一目で決着、みたいなものも混ざっている。二人対戦でこのくらいコンパクトなのはないかなあ、と考えると、囲碁系だと「ななろのご」があるんだけど、これは露骨に子ども向けなデザイン。まあ、もともと子ども向けの囲碁入門として開発されているので仕方ないとはいえ……。

将棋の方も、「どうぶつしょうぎ」がミニマムな対戦ものとして存在しているんだけど、かなり子ども向けにつくられているデザインで、微妙に手が伸びないなあ、と思っていた。子ども向けに可愛らしくデザインされている「どうぶつしょうぎ」を、伝統ゲームっぽいデザインで遊べないだろうか……。

続きを読む

我が家のジンギスカンについて

北海道民ジンギスカンは多種多様

f:id:hi_kmd:20160928192615j:plain
北海道には独自の美味しい料理がたくさんあります。そのなかでも、日常気軽に、屋内でも屋外でも家庭でも楽しまれているものの一つにジンギスカンがあります。我が家でも、年に数回はジンギスカン鍋を引っ張り出し*1、ビールなど飲み交わしながらラム肉と野菜を楽しみます。ただ、このジンギスカン、地域や家庭によってつくり方が結構違っていて、一言でジンギスカンと言っても実際にどんな料理が出てくるかは多種多様。よく知られている有名な違いは、肉に事前にタレを漬け込んでいるかいないかの違い、ラムを使うかマトンを使うかの違いなどがあります。
そこで、うちの家庭におけるジンギスカンの作り方を紹介してみようかなあと思いました。

*1:家庭にジンギスカン鍋を常備しているのは、北海道では珍しくありません。

続きを読む