読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙ブグロはてな

新しいものについ飛びついてしまった後悔を綴ることになりそうな気がするけれどならないかもしれないブログ。

口からでまかせ

文章を書くと言うのは、習慣づける必要があるのだと思う。

書く事がないからと言って書かずにいると、いざ書きたいことができた時に、上手に書きたいことを書けずに終わってしまう。だから、とりたてて書きたい事がなくても、その時に書ける何かを題材に、ヘタでもなんでも文章にしてしまう事を続けるのがいいのだ。そう思いながら、今この文章を書いている。ほら、下手だ。

文章の練習をした方がいいなと思うのは、例えば何かを誉めたい時に良く思う。たいてい、どう誉めていいものかわからなくなるのだ。貶すのは「ここが気に食わない」とか「あそこがダメだ」とか、ホイホイ出てくるのにね。誉めようとしたとたん「……だってほら、なんか、いいじゃん」っていう、何とも具体性のない、どこがつかみ所なのかわからない落ちのない話になってしまう。

ためしに「はてなブログ」を誉めてみるか。

 

はてなブログ、やっぱり新しいって言うのは気持ちいいよね。新しいものはみんな注目しているし、活気があるように見える。これをブログ始めようって人もきっとたくさんいるだろうし、活気が出るんじゃないかな。

機能をあえてしぼっていると言うのもいいよね。よそ見をさせないと言うか。もう文章を書け!と。それ以外を求めていない感じ。ストイックだよね。

フローじゃなくてストックだって言う理念があるのもすごいよね、軽々しく日記なんて書いてたら怒られるんじゃないかな。だからきっとみんなすごく有意義なエントリを量産するに違いない。きょうのおひるごはんとかそういう日記みたいなことを書くなら、はてなダイアリーがおすすめだもんね。

 

やっぱり誉めるのは難しいね。精進が必要だ。